和びさび心

歴史初!日本発のnTech(認識OS)を活用し、 今ここ、真・善・美を観て、新しい出会いと感動が生まれていく Life style を発信しています。

喜ばれることの喜び

私が東京に来て13年もの間、

続けている仕事のひとつ。

 

働くことは「傍を楽にすること」とも

言われていますが、

私の仕事の、傍を楽にすることは、

 

ご夫婦共働きで、

お子さんも小さかったりすると、

家のお掃除や片付けまで手に回らなくて

でも、お子さんのためにも、家族のためにも

心地良い空間を創りたいと頑張るお母さん、

 

お家を綺麗にしたいけど

しゃがめなかったり、

高いところまで手が届かなかったり

身体的にもお掃除するのが

大変になったお年寄りの方、

 

仕事は忙しく責任あるポジションにあり、

外に出ていることも多いけど、

常に生活空間をクリーンに

保っていたいという

美意識の高い経営者の方、

 

社員さんや、お客さんや、患者さんも

気持ち良く過ごせる環境を創りたいという

会社や店舗やクリニックからの

ご要望にお応えすること。

 

多様なお客様のニーズは

空間を綺麗にしてほしいということは

同じですが、

細かく観ていけば、

それぞれに背景もあるし、

全然違うものでもあります。

 

それを、こういうことだろうと

自分の観点に固定された状態で実践しては、

本当のそのお客様のニーズとは

違ったことをしてしまい、

それがクレームになることにも繋がります。

 

私も、いまだに失敗することや、

自分の未熟さを感じることはありますが、

 

そんな時、

自分の心の器がどんな状態だったのかの

反省や気づきにもなり、

今後改めてお客様との深い関係性を

築いていけるように、

次に活かすことにもなるのです。

 

東京に来る前は

いろんな人と交流することが

苦手だった私が、

仕事と仲間を通じて

 

お客様と真摯に向き合うことで

信頼関係が生まれ、

人と交流することも楽しくなり、

 

今まで知らなかった人と仲良くなったり、

新しい人との出会いも楽しく、

いろんな出会いをしていきたいと

思えるようになりました。

 

仕事は、自己成長ができ、

人と喜びを共有できる絶好の現場。

 

そう思える仕事に出会えたことは宝ですし、

この先、どんな仕事を

やることになったとしても、

いろんなことがあって落ち込んだりしても、

 

最後にはこの仕事をやって本当に良かった、

こんな人達と出会えて、

こんな学びがあったと

認識できる器を持っていたいと感じます。

 

平成最後の年末繁忙期もあと少し。

寒さに負けず、心も身体もポカポカさせて

ラストスパートしていきますかね(^^)

 


f:id:ayauchida:20181223234402j:image

↑袋が可愛かった冬至の柚子湯♨