和びさび心

歴史初!日本発のnTech(認識OS)を活用し、 今ここ、真・善・美を観て、新しい出会いと感動が生まれていく Life style を発信しています。

私がnTechに未来の可能性を感じたこと vol.3

そして、nTechをしっかり学んでみた私なのですが、

それで出会ったことは、

自分と自分の宇宙は実在しない!という大ショックの事件でした。

 

それをしっかりと理解できた時、

目を開けたまま、宇宙が今ここ生まれたり消えたりする

究極の実在「無の境地」「宇宙の根源」に出会った感動で溢れました。

 

すべては、無いところから有るが生まれている。

その、無から有が生まれる変化のしくみ、

宇宙のしくみを観た時に、

人間がいかに偉大で素晴らしい存在なのか、

人間は無限の可能性そのものであることが明確に理解でき、

 

それを認識できた人たちが連帯して

チームプレイすることで、

あらゆる個人や組織の限界も突破でき、

人工知能も到達できない

人間の仕事が無限に創られていくイメージが広がり

ワクワクしたのです!!(^^)!!

 

有線の電話機が主流の時代だったころから、

現代の携帯電話やスマートフォンのように

無線でつながるのが主流になったように、

 

新しい経済発展モデルは、

意識だけでなく無意識、さらに奥深い「心」の領域まで取り入れた人材から

創造されていくんだと確信しています。

 

それが、どんな人でも理解、認識できるようになるのがnTechです!

ご興味持って下さったみなさまには、ぜひnTechと出会ってみてくださいね(^^)

 

 

私がnTechに未来の可能性を感じたこと vol.2

これからの未来は、世界や経済がどのように変化していくのか、

それを説明会等で聞いた時のこと。

 

ひと昔前、駅の改札には切符を切る駅員さんがいましたが、

今では自動改札機が当たり前、切符を買うとかでなく、

SUICAとかICカードが当たり前になったように、

 

携帯電話がなかった時代があって、

今ではスマートフォンで電話もネットもつなぐことができて、

 

世の中が機械などでどんどん便利になっていけばいくほど、

人間がやってきた仕事はどんどんなくなっていく。

 

これから人工知能も進化しますし、

その加速度は遅くなることなんてないでしょう。

 

そうすれば、

生きていくためにお金のために、仕事をしても

どんどん仕事はなくなってしまうなら、

人間はいったい何をすればよいのだろう??

 

働くことは、仕事をすることは、社会に貢献することとか

生きがいを感じられるものだとか思っていた私にとって、

 

何でこんな社会になってしまっているのだろう?

社会がこのまま変化しないのなら、

そこに生きる人々にもますます影響が及んでしまう

ショックと危機感を感じ、

 

この社会の方向性を変えていけることは何かないかと

すごく模索をしていたのです。

 

そんな時に出会ったのが、

nTechであり、NRグループ創始者のNohさんでした。

 

私が、この社会を変化させていくには

どうしたら良いのかを聞いたところ、

 

「すべてのあらゆる問題は、人間が生み出しているものでしょう?

だから、社会を本当に変えたいと思うなら、

 

人間とは何なのか、

この現実はいったい何なのか、

生きるとは何なのか、

すべての問題が生み出されている原因を明確に知ること、

変化の仕組みを知って、新しい方向性を創っていくことだよ。」

 

と、いう答えが返ってきました。

 

・・・・・え???

 

当時の私は、さっぱり言っていることがよくわかっていませんでした(笑)

 

ただ、物事の本質を見極めている確信があるのをNohさんから感じ、

しっかりnTechを学んでみようと決心したのです。

 

つづく

 

 

私がnTechに未来の可能性を感じたこと vol.1

こんにちは!

和心Life Reriserの内田礼です。

 

ますます、秋らしい気候に変化してきました。

過ごしやすい秋の季節、みなさんはどのように過ごされるのでしょうか?

 

今年もあと3か月ほど。

時が経つ速さを感じつつも、

改めて初心に戻りながら、私がnTechと出会って、

この教育技術をブログでも発信している理由みたいな

ストーリーをつづってみたいなと思っています。

 

今までにないまったく新しい教育技術に価値を感じたのは、

全ての人間の無限の可能性を拡げていけるものとして、

希望ある未来社会、経済活性を創っていけること。

 

私が、これからの人生かけて取り組んでいきたいことと

出会えたのは本当に大きいと感じています。

 

私の父は、大工でした。

若いころから好きなことにまっすぐに仕事をしている様子を

幼いころから見ていたので、

大人になって働くということは、社会に貢献することなんだと思い、

自分も生きがいが感じられる仕事をしたいと

ずっと漠然とでも考えていたことでした。

 

県立の商業高校に通っており、

この当時は将来どんな仕事をしたいかとか

夢とか持っていなかったので、

社会勉強として高卒で就職をし、

一般事務の会社員として働き始めました。

 

3年ほど経ち、仕事にも慣れてきた頃、

将来のことについて考え始めます。

 

このままこの会社に勤めていくのか、

結婚はするのか、とか向き合っていくうちに、

 

今の会社と自宅の往復をするだけでの社会は狭すぎるから、

もっと今の時代についてや

社会経済についても知りたいと思うようになり、

 

ちょうどそのとき、

ネットワークビジネスを始めてた友人から声をかけられ、

勉強会などに参加してみることに。

 

私は、それを仕事にしようとは考えてなかったので、

商品を売るとかビジネスはしていませんでしたが、

 

何より、自分の会社で会う人だけでない出会いや、

経済や社会のことなど勉強できることが純粋に楽しく、

かなりの説明会や勉強会や講演会みたいのに

積極的に参加していました。

 

そうこうしているうちに、

これからの世界経済がどのように動いていくのか

社会がどう変わっていくのかを知った時、

当時の私の人生の転機を迎えるショックを受けることになります。

 

つづく

 

 

できることとできないことと。

実は8月末に、かなり強めの

捻挫をしてしまいまして、

かれこれ

2週間ほど経ちました。

 

安静がまず大事で、

最初の3日間はほとんど動けずで

だんだんと歩けるようにはなりましたが、

 

なにぶん体も動かすので、

どうも治りが遅くなりやすい。

 

怪我をして、

今まで当たり前にできていたことが

できなくなってしまうのは

なんだか悲しい気持ちにも

なったりしますが、

 

同時に当たり前にできていたそれらが

どれだけ素晴らしいことだったのかにも

気づくのです。

 

まだまだ動きづらかったり

痛みが走ることがあって

もどかしくなるけど、

 

またすこしできるようになった

喜びなんかも感じながら、

 

頑張りすぎずに

自分のことも大事にしてあげようと思う

ここ最近の日々なのでした🍀

 


f:id:ayauchida:20180917210148j:image

平和な社会を創る技術

9月も中盤に入り、

秋の涼しさを感じる季節になりましたね🍁

 

8月は、原爆の日終戦の日もあるので、

想いに耽る時期でもありました。

 

そして9月は、9.11のことが浮かんで

日本だけではなく世界にも

改めて意識が向けられる月でもあります。

 

あれから17年。

みなさんにとっては、あの事件は

どんな心境になったもの

だったのでしょうか?

 

なぜ戦争が起こるのか?

誰もが平和を望んでいても、

人間は、世界はずっと

戦争の歴史が続いているのか?

 

世界で唯一原爆を落とされてしまった

日本だからこそ

平和な社会を創ることができるという

ムーブメント、今年も開催されます!

 

アジアの涙、世界の涙と出会い、

日本の可能性と出会える!

多くの方々と共有したい

ムーブメントです(*^^*)

ご興味ある方、ぜひご一緒致しましょう🎵


f:id:ayauchida:20180916211656j:image


f:id:ayauchida:20180916211709j:image

 

 

 

決断の日

2018年8月15日。

終戦記念日であるこの日、

福岡にて開催された

8.15 NohJesu special 1dayセミナーに

行ってきました。


f:id:ayauchida:20180817184321j:image

 

お盆休みの真っただ中、

台風が接近中の福岡・国際会議場にて

朝7:00スタートのセミナーに、

全国各地から何と200名以上の人が

参加されました!!

 

8/15の意味が変わることで、

日本が、世界が変わっていく、

そんなメッセージが発信されると聞き

これは行ってみるしかない!と赴いた今回。

 

8/6の広島原爆投下、

8/9の長崎原爆投下、

そして8/15の終戦

 

73年前の日本が、

あの時代に生きる人々が、

どんな悲しい、辛い、

苦しい、悔しい思いを抱きしめて

どんな決断をしたのか、

多くの日本人は知らないと思います。

私自身もそうでした。

 

それを知っていたとしても、

これからどんな未来を創っていく

必要があるのか、

明確な方向性が示されておらず、

混沌とした現代になっているのを

感じていました。

 

「二度と戦争はしない」と

決断したとともに、

「二度と熱くなるもんか!」と

決断している日本。

 

心が傷だらけになってしまっている日本を、

人間の奥深い尊厳の力から

もう一度熱くさせていく

新たな決断の日となりました。

 

焼け野原となった地から、

凄まじい勢いで復興を成し遂げ、

「東洋の奇跡」と謳われるくらいの

高度経済成長と

「Made in JAPAN」のブランドを

世界に発信した底力を、

 

今度は「Heart of JAPAN」として

日本から世界に、

心の教育とチームプレイ文化を

発信していくことで

本当の平和が創られていくのを

改めて実感した日になりました。


f:id:ayauchida:20180817184405j:image

 

これからも、

日本を、世界を熱くさせていく活動に

取り組んでいきます!

 

本日も読んで下さり、

ありがとうございました。


f:id:ayauchida:20180817184435j:image

 

 

 

 

行動する祈り

 


f:id:ayauchida:20180809183949j:image
 

今日は8月9日、長﨑・原爆の日ですね。

今年で73年となりました。

 

私の両親は生まれも育ちも長崎で、

私自身も長崎に生まれたのもあり、

 

原爆投下がされた8月は

しんみりと思いを馳せずには

いられない気持ちになり、

毎年のようにふと涙を流してしまいます。

 

小学生の時に学校で

原爆投下されたときのことを知り、

「なんでこんなにも大勢の人が

死ななければならなかったの?」と

ショックを受けたのを今でも覚えています。

 

今、日本は人の命が

無残に失われる戦争はないですが、

世界を見てみれば

戦争が続いている地域もあり、

どうしてこんなに戦争の歴史が

続いているのだろう?というのも

子供のころからずっと

疑問を持っていました。

 

私にできることは、ただただ、

戦争の無い平和を祈るだけだった。

 

ですが、

nTechに出会ってから、

本当の平和とは「戦争がないこと」と

いう名詞ではなく、

戦争が起こる原因から

解決された状態で、

今ここから希望溢れる未来を

創っていくこと(動詞)だと概念も変わり、

ただ祈るだけでない、

誰もが人間の無限の可能性や

尊厳性を誇示できる

現実的な社会づくりに向けての

実践行動ができるようになりました。

 

そして、nTech創始者

Nohさんの語る日本の可能性を通して、

自分が今の時代に、

日本人として生まれている意味を感じ、

これからの時代を担っていく

日本人としてのidentityを

定めることができました。

 

明治維新から150周年、

平成最後の2018年8月15日。

日本・福岡にて、

終戦記念日であるこの日だからこそ

伝えたいメッセージを、

Nohさんが発信する場が開催されます。

お盆休みの時期ですが、

満席でキャンセル待ち状態となったそう。

 

私も、これからの時代を

創っていく一人として、

この場に参加してきます。

 

世界をリードしていく日本が、

ここから力強く

動き始めることを祈りながら。

 

私も発信、共有、実践行動をしていこうと

改めて感じられる8月9日になりました。

 

本日も読んでくださって、

ありがとうございました。