和びさび心

歴史初!日本発のnTech(認識OS)を活用し、 今ここ、真・善・美を観て、新しい出会いと感動が生まれていく Life style を発信しています。

私の人生の変化ストーリー②

さて、ちょっと日は経ちましたが、

前回の続きです😃

 

幼少期に、親に対して

わかってもらえない気持ちを蓄積しながら

その感情をぶちまけて

反抗していたのですが、

「そんな表情、態度をしていたら

小学生にあがって友達できないよ」と

母親から厳しく忠告された時から、

笑顔の練習をし始めました。

 

***************************************

外に見せる自分と

中に渦巻く自分と

葛藤していた小学・中学・高校時代

***************************************

 

怒りや悲しみを抑えて笑顔を創り、

家の外ではいい子でいて、

 

でもなんか疲れてしまうし、

家に帰ればまた親から叱られるのではとか

思いながら、重たい気持ちになって

我慢できずに家の中では反抗したりする。

 

家の外と中で見せる顔が違う。

小学生の時からそれを蓄積していた私は、

中学生になってからは

自分が何者なのか

わからなくなっていました。

 

そして、

なんで人は生きているんだろう?

生きているってなんだろう?

なんで、この世の中で生きるということは

鳥籠の中に閉じ込められたように

窮屈さを感じるんだろう?

 

自由に翔びたい、

本当はもっと自由に生きられるはずなのに。

 

本当の自由って一体なんだろう?

 

そんな疑問を持つようになりました。

 

でも、考えても考えても答えは出ないし、

この現実で生きていくには、

そんなこと考えてる余裕もないくらい

いろんなことあるし、

何とか乗り越えないといけないから、

やっぱり笑顔つくって日々をやり過ごす。

 

高校生になっても

結局ずーーーっと答えが見つからないまま、

友達の誰にもそんなことは

共有できないまま、

勉強や部活に打ち込むことで

考えることを忘れ、

そのまま大人になったです。

 

さて、

そんなことを思いながら、

学生から社会人になった私は

どんな現実と向き合うことになったのか?

 

を続きに書いていきますね(^^)v