和びさび心

歴史初!日本発のnTech(認識OS)を活用し、 今ここ、真・善・美を観て、新しい出会いと感動が生まれていく Life style を発信しています。

「人生は、美しい色であふれている。」

先日、

「しあわせの絵の具

愛を描く人  モード・ルイス」という

映画を観てきました。


f:id:ayauchida:20180317063028j:image

 

直感的に、観たい!と思ったのは、

今はもうほとんど描くことは

なくなりましたが、

物心ついた時から14歳位に至るまで、

私は絵を描くことが大好きだったから。

 

いや、大好きというのも通り越して、

生きることそのもの位に

没頭していた頃を思い出す感覚が

あったから。

 

「絵の具」というものを見たり

イメージするだけで、

今でも可愛いと思えたり、

どんなのを描こう?と

ワクワクする感覚は残っているので、

この映画のタイトルに

惹かれたんだとも思います(*´-`)

 

カナダで最も有名になった画家

モード・ルイスさんの実話を

元にした映画なのですが、

彼女の生き方や、

絵を描く時の命の輝きを見つめる瞳は、

すごく自分自身の幼心に持っていた

想いなども繋がるようで、

とても共感するものが多かったです。

 

その共感したところを、

引用させていただいて

表現するとしたら、

こちら。

 

「どんな人生でも

自由な精神で楽しめば、

素晴らしいことが待っている」

↑映画のパンフより

 

「この世の中にきれいごとでは済まない

色々があったとしても、

心の中でどんな世界と、

どんな景色を見ていたいかは

自分で決めることができる。

その心の中で見たいと決めた世界、

景色こそが、

大切な人を近くに引き寄せたり、

誰かの心を強く打つものを

作り出したりする資質になり得るのだと

この映画を観て確信しました。」

↑北欧、暮らしの道具店 店長

佐藤友子さんコメントより

 

そして、

幼い頃からリウマチを患いながらも

懸命に生きるモードと、

不器用ながらモードを支える夫の

エベレットの、

衝突しながらもゆっくりと

培ってきた二人の

パートナーシップにも感動する、

静かで優しい映画でした。

 

先日、日本の持つ美しさについて

ブログを投稿しましたが、

息が止まるように

心を打たれる「美しい..!」と

感じられる心は

世界共通だなぁと改めて

感じさせてくれました。

 

皆様もぜひご覧になってみて下さいね(*^^*)

http://shiawase-enogu.jp/