和びさび心

日本の目覚めが世界を変える! 今ここ、真・善・美を観て、新しい出会いと感動が生まれていく Life style を発信しています。

真心が国を動かす

世界がますます緊迫している中、

昨年12月にトルコと日本合作の映画が公開されました。

実際にあった

1890年9月16日、

和歌山県・樫野崎沖(現:串本沖)に座礁、沈没した

エルトゥールル号の海難事故と、

1985年3月19日、

イラン・イラク戦争下のテヘラン邦人救出をもとに創られた作品です。

www.kainan1890.jp

 

f:id:ayauchida:20160320204806j:plain

 和歌山県沖で台風に遭遇し沈没・座礁したトルコ軍艦の乗組員たちを見て、

「日本人じゃなかろうと関係ない!一人でも多くの人を助けるんだ!!」と

村人たちが団結して救出した真心・和心が、

日本の外まで受け継がれていったことに感動でいっぱいでした。

f:id:ayauchida:20160320203452j:plain

 

ですが、トルコでは去年の7月から自爆テロが多発しています。

www.afpbb.com

 

そして日本では、自殺者が10年以上3万人を超えるほどになっています。

 

それらは本当に心が痛むことで、そこにも涙が溢れてきます。

 

自分ひとりを守ることに精いっぱいで、

誰かに助けを求めることもできず、

自分以外の誰かと協力関係を結ぶのも難しくなってしまった時代。

 

本来の人間の姿は、本当の美しさは、

人間がどれだけ素晴らしい存在なのかを認識できることと、

その基準点のもとで自他を愛し

チームプレイでどんな危機をも突破していくことだと思います。